カテゴリー別アーカイブ: 野外活動

秋リバーシーバス

こんにちわ!スタッフの櫻井です。

台風で被害に遭われた皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興復旧、日常生活取り戻せることを願っております。

 

秋の夜長にリバーシーバス。

私も最近は短時間でも寝る間も惜しんで釣りに行っております。(笑)

ランカー出現率の高いこの時期のリバーシーバスですが、大きめのルアーで派手なアクションは必要とせず、ただただ流れに身を任せる独特の狙い方はハマるとやめられません!

ここのところの大雨などで、落ち鮎が流れて今年は強制終了かと思っておりましたが、なんとか釣果を出すことができました。

DSC_1189

 

70㎝クラス

DSC_1210

堂々のランカー降臨!

ビッグベイトも小さく見えます^^

新潟のリバーシーバスもサケ遡上が本格化するまであと僅か!

出来るだけ秋を楽しみたいと思います!

皆さんもルールマナーを守り安全に是非楽しいフィッシングライフを!

 

※今回使用した製品↓

DSC_1224

メタルフィッシュグリップ

DSC_1231

RUN&GUN TOUGH 小継玉の柄5000

オーバルフレームカーボンL

釣行レポート 尾崎渚

9月も半ばに入り、ワカサギシーズンも本格化。

6月頭から足しげく通った鮎釣りにも行けなく、僕の鮎釣りシーズンは8月いっぱいで終了しました。

解禁当初から山梨県は桂川で数釣りを楽しみました。

本流では9メートル、支流では8メートルの竿を使い分けました。

シーズン初期は鮎も13センチから18センチ程度と小さいので細仕掛けで囮を弱らせないように心がけました。

条件も味方した時には90匹を超す釣果も出ました。

1569459835481

ところが今年は関東近郊の河川の状況が思わしくなく、安定して釣れている桂川に釣り人が殺到。平日釣行だというのになかなか思うようには釣らせてもらえない日々が続きました。

例年だと、6月中は安定して50~60匹は釣れるはずですが、今年は20~30匹釣るのがやっとでした。
僕の腕ではですが‥

それでも数釣れるとさすがに食べきれないので、干物にしたりと保存を効かせました。

鮎を背開きにし、エラ、はらわたを綺麗に取り除き、塩水に30分ほど浸けておきます。

30分ほどたったら水を切り、鮎に残った水分を拭き取ってから、天日干しにします。

1569459839807

天候にもよりますが、風があり、カラッと晴れている日なら半日程度で食べ頃の干物になります。

鮎のような小さな魚を卸すにはフィッシング小出刃が最適。

1569459843060

錆びないので、こまめな手入れもしなくてすみ、僕の正確にはピッタリです。笑

7月に入ると梅雨の長雨の影響で各河川で冷水病が発生し鮎が減ってしまったり、冷水病が出ていない場所でも活性が低く、なかなか追い気のある鮎がいません。

10匹釣れるか釣れないかという釣りになってしまいましたが、それはそれで、仕方がないと割りきり、ナイロン仕掛けメインで泳がせ釣りでなんとか拾って行きました。

8月に入っても釣果はいまひとつ。

鮎釣りは循環の釣りですが、なかなか釣れ続かないので囮が循環せず苦戦を強いられるばかりでした。

今年の鮎釣りシーズンは思ったように釣れませんでしたが、それでも短い漁期を十分楽しめました。

1569459848583

また来年に期待し、鮎釣り道具を片付けました。

メタルフィッシュグリップBL

こんにちは!

先日発売になったメタルフィッシュグリップを使ってみました!

魚の口をホールドする部分が分厚く出来ており、見た目通りの剛性感で魚が暴れて先端に負荷が掛かっても外れにくく、更に面で挟み込む為魚の口にもあまりダメージを与えずにフックを外したり撮影したり、スムーズに作業が進められました。

DSC_1114

 

詳細はコチラをクリック

6/1,2キャンプイベント

長岡のショップ「パーマーク」さんの春イベントに参加してきました!

この入口がいつもワクワク感を高揚させてくれます!

DSC_0855

新製品メインに展示させて頂きました!

DSC_0842

そして、お問い合わせを多数頂いております、アイアンシリーズも展示。

多くのキャンパーの皆様からご質問等頂きました。

詳細&発売日、もう少しお待ちください!

DSC_0839 DSC_0840

お陰様で絶好調の黒皮鉄板でガッツリ!

出展しながらも個人的に楽しんでしまいました。

IMG_20190601_190714_834

オシャレなキャッフェさんも出展されてました。

フジロックも出展予定だそうです!

DSC_0856

DSC_0849

お世話になっている個人のレザークラフトマンさんは、うちのホットサンドメーカーの為にこんな素敵なバッグを作っておられました。

職人技が光る逸品でした。

今回も参加された皆さん、メーカーさんありがとうございました!

また宜しくお願い致します!

 

直近の記事はこちら↓

 

佐渡沖ジギング&駿河湾バラムツ釣行

佐渡沖ジギング&駿河湾バラムツ釣行

 

 

テスター尾崎渚 釣行レポート

2月27日、友人の結婚式に招待されたため、半年ぶりに兵庫県は豊岡市の実家へ帰省。

メインは結婚式なのだが時間を作って釣りに出かけた。

1552466314019

兵庫県は日本海と太平洋、両方に面しているが豊岡市は北部に位置し、釣りにいくとなれば日本海が近所。

この時期は低水温期ということもあり釣り物が少なく、なかなか遊んでくれる魚がおらず、釣り物はおのずと絞られてくる。

低水温にも強く、水潮気味の日本海でのメインターゲットになるのは、そうチヌだ!

生憎の雨模様だが、チヌの実績の高い磯場へ向かい、フカセ釣りで勝負してみることにした。

1552466317360

まずはフッ素チタンカップLで撒き餌を多めに一点に撒き、その後仕掛けなどの準備を行う。

仕掛けをセットしたあとは棚をはかり、底からギリギリエサを浮かせる程度の6ヒロから釣りスタート。

最初はエサも取られないが、次第に撒き餌が効きはじめたのかエサが取られ始めた。

潮流も釣り座から沖向きに払い出し好条件。

時より速まる潮流に合わせてガン玉などを打ち変えて仕掛けの馴染みを調整する。棚も少し下げて、餌を這わせ気味にしてみる。

1552466319428

ガン玉プレスリッドは手がかじかむこの時期でも手返し良く、ガン玉を外す、潰すがやりやすい。

仕掛けと潮流、撒き餌が馴染むとモゾっと入る当たりが出るが餌取りの食い込まない当たりが続く。

その度、チヌの居食いかなと思って聞いてみるのだが、さっぱり本命のチヌからの反応なし。

そうこうする内に夕刻を向かえ、辺りが暗くなる前に磯場から上がろうと思っていたため、あと一流しと決意を決め、最後の1投を投じた。

最後の1投もモゾっと浮きが入るが、本当たりは出ずで、また餌取かと思い巻き上げようとすると、ググっと手応え。笑

なんと最後の1投で本命のチヌが釣れてしまった。
文字通り、当たりを取って釣った訳ではないので、本当に釣れてしまった魚‥笑

サイズも35センチほどだが、外海で釣った銀ピカのチヌは本当にきれいだ。

1552466329281

この時期の寒チヌ釣りは常に0と隣り合わせの釣りだが、なんとか1枚釣れ、満足して帰宅した。

 

~使用した製品~

・MR-412 LTロングターゲット[フッ素チタン]L-690

・MC-0ガン玉プレスリッド(ゴールド)

 

冬キャン

はじめまして。ベルモントスタッフの”K”と申します。

この度、スタッフブログを書く事になりましたが、何せブログを書くなんて何年振りか?

InstagramなどのSNS慣れして長文なんて書けるか不安ですが、Twitter並みの短文で行きたいと思います。

それでは早速、こちら新潟では11月末で殆どのキャンプ場がクローズしてしまいます。

雪に備えてキャンプ場の施設を冬囲いしたりする為です。

そんな状況でも無料のキャンプ場なら何とかなるもので、施設管理者の許可をもらって冬キャンしてきました。

 

8C5C1DB1-E765-47D9-8336-D2DDCAB84B2B

ソロなのでブログネタになる様なイベントも無く、寒いので幕内に籠ってるだけです。

4C6136C9-530B-426E-8366-CAD53A052714

薪ストーブで暖を取りつつ、調理も一緒に。

48E99858-D592-4415-8926-BD28A5AD90AC

お湯を沸かしたり、インスタントラーメンを作ったりと活躍の

BM-270 チタンクッカー850

縦に長い形状なので、袋めんの場合は麺を二つに折ると調理も簡単です。

冬のキャンプは虫もいないので快適ですが、幕内での火気使用は十分な装備と換気に気を付け

自己責任の元でお楽しみください。

ソロ野外活動

先日、1泊2日の車中泊釣行に行ってきました。

単独でしたので、アイテムもシンプルにまとめて挑みました。

もうすっかり秋になり、朝晩はひんやりと澄んだ空気を感じます。

朝はシェラカップ250でお湯を沸かして、そのままインスタントコーヒーを作りました。IMG_20181015_124540

この小さなシェラカップを直火で使用するにあたって、当然ながらハンドルはとても熱くなりますよね。

そしてこのハンドルカバーに注目です!

近々、発売予定のシリコンチューブです♪

カラーバリエーションは4色展開で1m単位での発売になります。

IMG_20181015_161225

最初から半分に割入(切れ目)が入っているので長さを決めて切って付けるだけですので面倒も少ないです!

キャンプで同じシェラカップを使って、自分のが迷子になる場面もありますが、コレを装着していれば迷子になることもめっきり減るかと思います。

私自信、何度も火傷したことがあります。(笑)

発売は10月末~11月初旬にはデリバリー出来る見込みです。

 

そして、ニューコンパクトスティックが廃番となり新しくフィールドスティックが発売になりました。

BM-097 ケース色がベージュ、BM-098 ケース色がエンジ。

ケースは以前のニューコンパクトスティックと同じものになります。

IMG_20181015_124821 IMG_20181015_124848

ネジ式になり、耐久性の向上とパイプに小さな穴加工を施して通気性に関しても改善してあります。

IMG_20181012_194715_198

缶詰はステンレス布巾をバーナーパッド代わりに使用してじっくりと吹きこぼれないように温めました。

温めた缶詰は熱くて持てないのでシェラカップリッドMを皿に。パンもシェラカップリッドを皿として使用。

パンも軽く焼いてカレーにディップして食べました。

サラダチキンはほぐして、チタンクッカー1000FCのフライパンで弱火で温めてツマミに。。。

質素なソロ飯でした。

 

使用アイテム紹介

・BM-272 チタンクッカー1000FC

・BM-097,098  フィールドスティック※ページ準備中

・BM-076 チタンシェラカップリッドM

・BM-077 チタンシェラカップリッド

・BM-322 シェラカップ 深型250

・BM-289~292 シリコンハンドルカバー(オレンジ、レッド、ブルー、イエロー)定価¥540

※ページ準備中

秋の夜、新月。

秋の夜と言えば、リバーシーバスという事で河川へ行ってきました。

落ち鮎パターンでウエイトと体高のあるクオリティフィッシュを狙って獲れる近道。

ベイトタックルにビッグベイトで挑むこのスタイルは一度ハマってしまうと病みつきになります(笑)

良い流れを見つけてルアーを差し込んであげた2キャスト目、、、、

ドスンっとビッグベイトが食われました。

強靭なタックルで数秒で勝負がつき、無事ネットイン!

80㎝オーバーの納得のシーバスでした。

seabass

体高、胴回りは正にメタボ!これがあるからやめられませんね!

撮影もそこそこにダメージを出来るだけ与えないように速やかにリリースした後、大満足で帰路につきました。

 

~アイテム紹介~

・MR-286 RUN GUN TOUGH 小継玉の柄 5000

・MR-280 カーボンフレーム「オーバル」L網付

・MR-031 フィッシングメジャー「Type2」

・MP-208 スプリットリングプライヤー170

・MP-100 セラミックPEシザース G&S

 

小型~中型青物、シーバスの血抜き等を行う場合

・MP-177 フィッシングフォールディングナイフ[SV]

 

新潟53pickup 報告

お久しぶりです!
ベルモントの櫻井です!

少し時間が経ってしまいましたが、6月5日(日)に有志アングラーの方々によるフィールドのゴミ拾い活動が行われました!
そこで、弊社としても協賛させて頂き、私自身も初参加して参りました!

フィールドは新潟県新潟市内に流れる大通川を会場に開催されました。
古くからヘラブナ釣りやバスフィッシングが盛んな場所で、それだけにゴミなどもチラホラと見受けられました。

また、この活動は年に1回ではありますがゴミ拾いを通じて普段釣りをさせてもらっているフィールドへの恩返しや環境保全、地域住民の方々とアングラーとの架け橋のような有意義な活動になっているんだなと今回感じました。

さて、私の感想はひとまず置いといて!(笑)
画像と共に振り返りたいと思います!!!

今回の参加人数は男性28人、女性4人、子供6人。計38人が参加しておりました。
DSC01222

DSC01221

受付とスケジュールの説明を受けて、皆さん軍手とゴミ袋を片手に和気あいあいと着実に空き缶やペットボトル、小さなタバコのフィルターまでも隈なく拾っておられます。
また、親子で参加していらっしゃった方も楽しそうに拾っていました♪
DSC01223親子

あっという間に袋にゴミが沢山!
KIMG0274
普段どういう釣りをしているのか垣間見える姿ですね!
ゴミ拾い精神もかなり激熱な方でした!

KIMG0277
もちろんヘラ台も隅々まで!
KIMG0275

終わってみると、空き缶(主にビール缶)の多さが目立ちました。
釣りゴミは少なかったものの、ここは釣り場。
釣り人が持ち込んだゴミなどがほとんどでしょう。
DSC01227

フィールドを守るのも荒らすのも私たち人間の勝手です。
いつまでも釣りを楽しめるよう心掛けて、自然と向き合っていきたいですね!

ゴミ拾いの後は、近くの地区集会所にて昼食を皆さんと一緒に頂きました。

ここで労をねぎらうかと思いきや、、、、

レクリエーションが始まるとともに子供に負けず劣らず大人の皆さんも熱くなります!
ビンゴゲーム
DSC01231

テーブルには沢山の協賛品などが並びました。

続いてオークション。
ルアー回収機もお陰様でご好評頂きました!
DSC01237

DSC01247
今では入手不可の旧ルアーリトリーバーも出品させて頂きました!
この方は2本目になるそうで、ありがたい限りです!

少しでも水中にゴミ(ルアー)が残らないようにと、アングラーの皆さんに選ばれルアーリトリーバー等の回収機の携帯が浸透していることが大変嬉しく思いました。

KIMG0300
事務局:佐藤さんの笑顔も素敵ですね!

また、新潟53pickup実行委員会の松原会長にもお誘い頂いたこと、誠に有難うございました。

今後も「継続は力なり」を常に心に留めておいて釣りに携わっていきたいと思います。

一人ひとりの力には限りがありますが、自分の出来る範囲で毎釣行の度にゴミを1個でも拾うなど、ちょっとした気配りで綺麗になったり周りも感化されて活動が広がっていったり、人間的にも色々な面で良い方向に向かって行くのではないかなと、私櫻井は若輩者ですが日々そう思っております。

アングラー全体で拾う神になれたら、もっと楽しいフィッシングライフが送れると思います♪

今回参加していた皆さんも!参加されなかったけど普段からそういった活動をされている方も!
終わりはないですが、楽しく継続していきましょう!

自分のゴミ以外にも今後目を向けて行こうと思っている方々も、キッカケは難しいものではありません!^^

今後も皆さんと一緒に綺麗なホームフィールド目指して(維持して)頑張って参りたいと思います!

今回参加された皆さん、お疲れ様でした!

NPO水辺基盤協会ページ

6月6日・7日 春のアウトドアミーティング

こんにちは ベルモント 櫻井です!

 

急遽、出展が決まりました!

長岡市にあるパーマーク様主催のイベント!

バタバタと準備に取り掛かっております。

社長と仲良く参戦致しますので宜しくお願い致します!(笑)

お近くの方で、まだ週末の予定が決まっていないという方は足を運んでみては如何でしょう!???

 

恒例になりました、ワークショップ「空き缶アルコールバーナー作り体験」も有料ですが、やります!

ですが、材料の最高級素材の?空き缶が無いため、現在社員一同でコーヒーのがぶ飲み大会になってます!爆

DSC_1073

 

社長曰く「このラベルを向くとピカピカでいいんだよ!」

だそうです!!!!!★

完成品は後日の記事にてアップします!

 

リンク:春のアウトドアミーティング

去年、秋の様子はこちら

 

外遊びが楽しい季節になってきましたね!

紫外線&熱さ対策をしっかりして、無理なく楽しんでください!

ではでは!(^^)ノシ