☆優勝報告!

テスター光畑さんより、嬉しい報告です。

平成29年5月28日 第7回 #チヌバトル 決勝大会が兵庫県家島諸島で行われ、な・な・なんと…優勝しました

本当に実績のある強豪ぞろいの中、素晴らしい展開で優勝!!

応援してます、次回も頑張ってください!!!

http://blog.hyochoren.com/ #兵庫県釣連盟 HP

 

以下、光畑氏よりレポート報告

昨年の予選大会を勝ち抜いた選手達が集い決勝トーナメント戦が開催されました!

当日は天候にも恵まれ、夜明け前より抽選を済ませた選手の熱気が火花を散らす中出船をしました!このトーナメントでは3名で磯に上がり50×35匹までの重量で競います!1回戦では先取され気が焦りましたがトータル2枚のチヌを取る事が出来、何とか1回戦を突破することが出来ました!2回戦ではなんと対戦相手2人共がトップトーナメンターという最強の組合せ戦う前から戦意喪失しかけていましたが気を強く持ち続けなんとここでは3枚のチヌを釣る事が出来、準決勝突破!そしていよいよ決勝戦です!決勝戦では全ての選手が見守る中、正午過ぎより開始です。決勝戦では選手に1人に対して1人サポーターが付いてくれます。私のサポーターはなんと準決勝で戦った同じ兵釣連の大先輩が自ら名乗りを上げて頂き、暑い中私の撒き餌を混ぜて頂きました!超感動です!!

image11 (1)

image22

 

そしていよいよ決勝戦開始のホイッスルが鳴り響きました!この決勝戦まではポイントまでが比較的近い事もあり使用した杓は #プレミアムゴールド でしたが、決勝戦のポイントでは超遠投が有利と考えベルモントの新製品である全長790mmの #プレミアムトーナメント を使用!約40m先に設定した自分のポイントに的確に撒き餌を打ち込めます!最初の仕掛けは0号のウキにガン玉は一切打たずエサ取りも多いと考え練り餌からスタートしました。エサの重みだけでゆっくりと仕掛けを送り込んでいくといきなり開始早々ラインが走ります!本命と確信し合わせます!バッチリ合わせも決まり重量感が伝わる中やり取りを行い無事チヌをタモに収めることが出来ました!

image33 (2)

しかしまだまだ始まったばかり、次の魚を狙うべく撒き餌をポイントに打って行きます。ここで何故かエサ取りが少しおとなしくなり私はオキアミで勝負になるのでは?と考え仕掛けも変更して打ち返して行きます!これが見事に的中してなんと2枚目のチヌをゲット!ここでホイッスル!最初の50分が終了しました。場所交代です。この時点で私が2枚で他の選手はノーフィッシュ、しかしもちろん安心は出来ませんこの決勝戦の相手選手は私よりも遥かに腕も経験も豊富な方々です!5分間のインターバルを経て次の50分が始まります!このポイントでは更に遠投が必要になりますが中々アタリを拾う事が出来ず苦戦隣では歓声が聞こえます。案の定お二人とも竿を曲げ良型のチヌを釣っています、そして更に追加され匹数で並ばれた時点で終了!そしていよいよ最終の50分間が始まります!この時点で3名共が釣果ありでほぼ横並びです。この場に居る全員の熱気が伝わる中、自分の釣りを信じ打ち返して行く中最初に魚信を捕らえたのは私でした!この魚で頭ひとつリードか!っと思いタモ伸ばした瞬間でした…痛恨のバラシです…泣

自分でもこれが今日のターニングポイントかと思い意気消沈…しかしここで後ろから見守って頂いてる選手の方からゲキが飛びます!「魚はまだおるぞー!諦めるなー!」ここで何故か私の気持ちも吹っ切れバラした悔しさも感じる事なく再開出来る事が出来ました!その次の一投になんとアタリを捕らえアワセも決まりやり取り開始です。この魚とのバトルで先程のバラシが頭をよぎりますが不思議と冷静なやり取りが出来ました!ベルモントのチタンワンピース枠に綺麗に魚が収まりました。喜!

この後、終了のホイッスルが鳴り響きチヌバトル決勝トーナメントが終了しました…

そしていよいよ最後の検量です。

image11 (3)

全選手が見守る中、なんと私がイチバンを取る事が出来、優勝です!

決勝戦で戦った選手の方からも祝福の言葉を頂き感無量です。

 

image33 (1)

image3

image12

港に帰り表彰式では参加選手全員から拍手して頂きました。またこの大会を運営して頂いてる役員の方々、渡船屋さん、サポーターをして頂いた大先輩、そして私の釣りを支えてくれてる #ベルモント 製品に感謝致します!!本当にありがとうございました!