ダッチインダッチオーブンの特長/使用方法

How to DUTCH IN DUTCH OVEN

✲ スキレットをフタとして使用 ✲

スキレットのフチを専用のリフターで挟んでご使用ください。スキレット底面の切削加工(下図赤丸部分)により、がたつきなくフタが密着します。

本体+フタのイラスト切削加工によるフタ密着のイラスト

✲ 圧力で美味しく調理 ✲

スキレットの荷重で圧力がかかり煮込み料理やローストなどで肉や魚を柔らかく調理することが可能です。

ローストチキンイメージ圧力がかかるイメージイラスト

✲ 上下から加熱可能 ✲

スキレットにはフチがあり安定して炭を載せることができます。上下から加熱し短時間での調理やチキンの丸焼きなどのオーブン調理ができます。

フタの上に炭を載せたイメージ上下加熱イラスト

✲ 10in以上のダッチオーブンの中に入れて ✲

ダッチインダッチオーブンをパン型やグラタン皿として10in以上のダッチオーブンの中に入れ、上下から加熱しオーブン調理ができます。
[ダッチオーブンから取り出すときはリフターを内向きにご使用いただけます。火傷しないよう厚手の革手袋等をご着用ください。]

ダッチオーブンに入れて調理したイメージダッチオーブンに入れたイラスト

✲ スキレットとして使用 ✲

フタはそのまま火にかけて焼き料理や炒め料理などができます。調理時はリフターをハンドルとしてご使用ください。

スキレット使用イメージスキレット使用イラスト

✲ 優れた収納性/容易なメンテナンス ✲

ノンハンドルデザインなので10in以上のダッチオーブンにスタッキング収納可能です。本体は丈夫でメンテナンスの容易な3mm厚ステンレス製でシーズニング等の必要もなくご購入後すぐに調理が始められます。お手入れはアウトドア用のステンレスクッカーと同様です。使用後は洗剤で汚れを落として水気を拭き取って保管するだけでOKです。

ダッチオーブンに収納可能メンテナンスのイメージイラスト

ダッチインダッチオーブンの商品情報はこちら

↓ 取扱説明&レシピブックのPDFデータはこちらからダウンロードいただけます

取扱説明書&レシピブックはこちらから